当サイトをご覧になるには、ブラウザの設定でJavaScriptを有効にする必要があります。

2月17日 いざ確定申告へ

今日は確定申告に逝ってきました。
私は、自分のぶんと父のぶんを確定申告してきました。
母も一緒に逝きましたので、合わせて三人分を今日のうちにさっさとやってしまいました。

資料とかあらかじめ全部持って逝ったので、かなり楽チンでした。
税務署の税理士さんがこれとこれとこれのココの数字をココに書いてとか、全部教えてくれました。

スポンサーリンク

ところで、今年は必要書類に金額とかを記入した後、タッチパネルで確定申告の数字の打ち込みとか全部やってもらいました。

そのときの税務署の職員のお姉さまが、申告した金額のうち間違いをしたのですが、そのときに「キャァー!ごめんなさいーーー!!!(ノ;≧ロ)ノ」と悲鳴を上げながら平謝りしていただいたので、コチラとしても大変恐縮してしまい、「いえいえ、今見つけていただいてよかったですぅ〜〜〜(≧▽≦;)」と、これまた黄色い声で返答したので、おっちゃんたちでにぎわっていた(?)税務署の雰囲気が、黄色いキャァキャァ声でギャルな雰囲気に一変したのですた。
(私をギャルと呼んでよいのでつか?! 煤i!?゚Д゚))

その後も「ごめんなさい!」「いえいえ」「ホント怖かったです〜」「私もビックリしましたよ〜」などという、黄色い声は税務署中に響き渡り、少々恥ずかしい確定申告とあいなりました。
(でもおもろかったからオケーやぁ〜 ( `ー´)ノ)

ちなみに・・・
去年の確定申告はメチャメチャ怖かったです。

「ゴルァ!所長出せや!お前じゃ話にならん!!! ヽ(`皿´#)ノ」という、どこかのおっちゃんの怒鳴り声が響きわたっていて、メチャメチャ恐怖でした。((( ;>_<)))ブルブル

そのときに対応してらした税務署の職員の方が、これまたかなり病弱そうな方で、マスクをして弱弱しく対応してらしたのですが、この光景はかなりかわいそうなものがありました。
(税務署の方って大変やなぁ・・・(´・ω・`))

ま、何にしても、昨年も今年も納付する税金の額には頭が痛いですが、仕方ないですので、頑張って納付しようと思いまつ。
(税金の納付だけは今年も変わらずツライ罠・・・_| ̄|○、;'.・ゲホーッ)


スポンサーリンク