当サイトをご覧になるには、ブラウザの設定でJavaScriptを有効にする必要があります。

2月01日 大腸内視鏡検査の準備 その1

明日から父の大腸内視鏡検査のための準備が始まります。
大腸ですので、胃の検査と違って大変です。胃は数時間で内容物が消化されますので朝食抜きで検査OKですが、大腸はそうは行きません。便が大腸に残っていると検査が滞るからです。

ポリープやがん細胞が見つけ辛いですので、宿便も含めてしっかりと体外に排出しなければならないのです。

スポンサーリンク

そこで、検査の前日から検査用の食事を摂取します。
検査用の食事は、グリコの検査用の食事を食べます。
(グリコってこんな商品も作ってたんですネ…(;´∀`))

※ 便秘の方は、下剤を飲んででも毎回排便がある状態にしなければならないそうです。
次の日は、下剤を飲みまくって完全に腸の中を空っぽにします。
(辛そうだなぁ…(>_<;))

ところで、腸を空っぽにするためには、お水をしっかりと飲まなければならないそうです。
これは、便秘予防の際でも同じですね。
(便秘にお困りの方は、しっかりとお水を飲むようにされたほうがよろしいかと思います)

このように、大腸内視鏡検査はかなり準備段階が大変な検査です。
でも、癌やポリープは肉眼でしっかりと確認できますので、安心といえば安心のような気がします。でも、私自身が人間ドッグなどで大腸内視鏡検査をする段になったら、かなり躊躇してしまうかも…です。(>_<;)

今後、技術革新が起こって、もうちょっと大腸内視鏡検査が楽になることを祈るばかりです。
(そういえば、カプセル式の内視鏡っていつ商品化されるんだろう…)


スポンサーリンク