当サイトをご覧になるには、ブラウザの設定でJavaScriptを有効にする必要があります。

2月04日 父の確定申告

いやいや、今年も確定申告の時期がやってまいりますた。
(頼みもしないのに、毎年くるなぁ〜 (´д`))

今年は父の分も確定申告します。
父から「ほな、やっといてや〜 (゚ε゚)」て言われて、郵送されていた確定申告の用紙をポイッと受け取りますた。父は昨日までは風邪と大腸検査で弱っていましたが、今日はすこぶる元気なようで、「ほな (゚ε゚)」って言って、一人で打ちっぱなし(ゴルフ)をしに逝きました。

スポンサーリンク

そのようなわけで、一人残された私は「むぅ〜〜〜〜〜、しゃぁないなぁ〜 (´・ω・`)」と言いながら、例年の如く確定申告の資料を集めて、確定申告しに行く準備をしました。

ところで、私は確定申告の書類の書き込みは税務署に逝ってから行います。
税務署の人に、あれこれと聞きながら書き込むのです。
税務署の人は「この数字をここに書いて、ここにこれを書いてください。(^-^)」とか全部教えてくれるので、資料を持って逝ったら楽チンですので、毎年そうしてます。

基本的に自分で調べることはしませんし、資料もなんとなく必要そうなものを全部持っていって、税務署の人に見てもらいます。それで、資料を使う・使わないを税務署の人に判断してもらいます。

まぁ、何というか、かなり他力本願な確定申告ですが、この方が時間の節約になりますので、いつまでたってもこの方法がやめられません。
おそらく、今年も分けわかめの謎な女が税務署に出没いたしますが、税務署の皆さん、本年もどうぞよろしくおながいいたします。m(_ _)m


スポンサーリンク