当サイトをご覧になるには、ブラウザの設定でJavaScriptを有効にする必要があります。

ガン保険について

がん保険は、がんを発症することで起こる金銭的リスクを緩和させるための保険です。
高血圧・高脂血しょう・糖尿病などの成人病は、普段から生活習慣を改めることで病気の発症のリスクや病気の進行をかなり緩和できますが、がんはそうは行きません。

治療を行わないと進行してしまう可能性がある病ですし、生活習慣に気をつけていてもかかるときはかかる病です。
(禁煙・塩分を控える・ストレスを溜めないなどのことでがん発症のリスクを減らすことはできますが、それを行っていても、がんにかかるときはかかってしまうものです)

しかも、がん治療で問題なのは、遠隔転移していたり転移性のガンだったりした場合に化学療法や放射線療法や温熱療法などで、長期に渡って高額の治療を受けねばならなかったり、多額の手術費用がかかることです。
高額療養費制度もありますが、やはり金銭的な負担は大きいです)

そんなわけで、がん保険があるというわけです。
かく言う私の母も、がん保険に加入申し込みしました。
転ばぬ先の杖ではないですが、がんを発症した際に本腰を入れて治療に専念できるようにするためには、がん保険が必要だと思ったわけです。

がん保険は各社マチマチです。
がん保険に興味のある方は、様々ながん保険の資料を調べて、最適ながん保険を探してみると宜しいかと思います。


スポンサーリンク