当サイトをご覧になるには、ブラウザの設定でJavaScriptを有効にする必要があります。

定期検査と治療費と健康

父は、退職後に人間ドッグなどの定期検査を行いませんでした。
人間ドッグは大変辛いものですが、その中で早期に発見できるがんが多いのも事実です。

母は糖尿病なのですが、糖尿病であることが発覚したのは定期検査を受けたからです。

私は尿タンパクの値や尿酸値の値が通常の範囲をはるかに超えているのを、定期検査で発見できました。

内視鏡でがんを取り去れるレベルのがんの進行具合であれば、治療費も患者さんの負担もかなり楽だったりしますので、定期検査はお金もかかりますし、結構めんどくさいですが、SOHOや独立をされたために職場で定期検査を受けなくなってしまった方は、自分で人間ドッグに入ったりして定期検査を受けるようにされた方が宜しいのではないかと思います。

ところで、父の家系にはがんの人は一人もいませんでした。
そんなわけで、父はいつも口癖のように言っておりました。
「うちはがん家系やないからな、俺は絶対がんにはならへんのや。(゚ε゚)」

しかし、実際には父にもがんが出来てしまいました。
しかも、自分は絶対にがんにはならないという慢心があったため、人間ドッグなどの定期検査にも行きませんでした。結局、父は進行がんで胃を4分の3摘出することとなってしまいましたが、こうなる前に治療が出来ていれば精神的にも肉体的にも金銭的にもかなり楽だったのではないかと思います。


スポンサーリンク