当サイトをご覧になるには、ブラウザの設定でJavaScriptを有効にする必要があります。

1月23日 転院

月曜日になったので、父はまずがんの入院・検査をする予定を組んでいた総合病院へ逝き、全ての予定のキャンセルをしにいきました。

その後、いよいよ○○医大付属病院へ診察を受けに逝きました。
しかし、ここでとんだ手違いが起こりました。

まず、○○医大付属病院へ逝って診察を受けるためには、紹介状だけではだめで、総合病院からの予約が必要だったのです。

スポンサーリンク

そうでなければ、予約無しの患者さんは後回しにされてしまうので、時間がかかってしまうのです。
しかも、総合病院から検査・入院のキャンセルの件について、確認の電話が携帯に何度もかかってきて大混乱してしまいました。

「そやから最初から紹介状を持って転院することに決めておれば・・・(`ε´)ブツブツ」と、何度も言おうかと思いましたが、今さら言っても仕方が無いですし、がん治療にストレスは厳禁だと思いましたので、ここはグッとガマンしました。

ところで、○○医大付属病院は近所でも評判が良い病院でしたが、確かに評判通りの印象でした。
お医者さんの説明もしっかりとしてくれますし、手術についても色々とあるようで、それをしっかりと説明してもらえたのでした。

「何か、説明が丁寧やなぁ〜 (゚ε゚)」
これが、転院直後の父の第一印象でした。

ちなみに、昨日こっそりと開封して見てしまった紹介状について、今日の診察で何か言われるのではないかとドキドキしましたが何事もありませんでした。(ホントは、「紹介状の封を開けましたネッ! (`ε´#)」とか言われるんじゃないかと思って、ヒヤヒヤしておりました)


スポンサーリンク